一般社団法人 大阪ファルマプラン 民医連

ISO9001

採用情報はこちら

  • 新卒・中途採用
  • レジデント制
  • 奨学金

ブログ

薬剤師一口メモ 2019/09/09

喉が渇く前にこまめに水分補給を

 熱中症や脱水が気になる季節がやってきました。室内でゆっくり過ごしている時でも、体は常に少しずつ汗をかいて水分を失っています。喉が渇いていなくても、こまめに水分を補給してください。水分の補給には、カフェインを含まない麦茶や水などが適しています。

 

 温度湿度が高いと、暑くても汗をかけず、体に熱がこもります。暑さの感じ方は人によって違ってきます。暑さを感じなくてもこまめに室温を調節し、部屋の風通しをよくしたり、涼しい衣服を着用するよう心がけましょう。

 

 コンビニやスーパーにはさまざまな熱中症対策の商品が並んでいます。塩飴や経口補水液は、スポーツの後などの大量に汗をかいた時に向いています。スポーツドリンクには、塩分を吸収しやすいように糖が添加されています。普段の水分補給にこれらを飲んでいると、塩分や糖分を摂り過ぎてしまう心配があります。塩分や糖分を制限されている方は、薬剤師に相談して下さい。

あおぞら薬局 美馬 朋子健康の友2019年8月号)