一般社団法人 大阪ファルマプラン 民医連

ISO9001

採用情報はこちら

  • 新卒・中途採用
  • レジデント制
  • 奨学金

ブログ

今日の出来事! 2021/04/28

ご存じですか?学校薬剤師 学校の先生向けにエピペンの学習会を開催しました

 大学以外の学校には「学校薬剤師」の設置が義務付けられていることをご存じでしょうか?主な仕事は学校の薬品の管理や環境衛生の維持管理に関する指導・助言です。給食室での衛生管理・検査はもちろん、プールや飲料水の水質検査、教室内の空気検査などを行います。時には生徒に向けて「クスリの使い方」の授業や先生向けの学習会の講師を務めて、健康相談や保健指導に務めています。現在大阪ファルマプランには7名の薬剤師が「学校薬剤師」として活動しています。担当している学校は8校に上ります。

 

 

 4月に「学校薬剤師」の仕事として、小学校の先生向けに「エピペン」の学習会を行いました。

 先生たちは細心の注意を払っておられますが、どんなに注意していても、給食時の誤食による食物アレルギーやアナフィラキシー症状が発現してしまう可能性はゼロではありません。不測の事態に備えて、正しい知識と対処法を知っておくことが重要です。

 エピペンはアナフィラキシー症状の進行を一時的に緩和し、ショック(血圧低下や意識障害)を防ぐための補助治療剤になります。アナフィラキシーの徴候や症状を感じたときに、“速やかに”注射するのが望ましいです。注射を打つ人は児童でも先生でも誰でもいいです。とにかく“速やかに”打ちます。この“速やかに”を実践するために、アレルギーについての知識や、エピペンの使い方を動画や練習用のトレーナーを使って学習し、シュミレーションをしておくことが学校にとって必要です。

 学校薬剤師として、学校の要望に応えることも大切な仕事です。

 

 

そよかぜ薬局 学校薬剤師 井塚めぐみ