日本社会薬学会第36年会(大阪)で「あおぞら薬局における無料低額診療事業対応に関する患者の意識調査」について発表しました

2017年9月23日~24日、大阪薬科大学において日本社会薬学会第36年会が開催されました。今年の年会のテーマは、「社会が抱える問題とどう向き合うか~社会薬学からの提言をめざして~」で、2つのワークショップ、3つのシンポジウム、ポスター発表が行われました。
あおぞら薬局は、西淀病院・のざと診療所で実施されている無料低額診療事業に対して、薬局で一部負担金の相談対応を行っていますが、実際にそれを利用されている患者さんの薬局の取り組みに対する意識調査を行った内容についてポスター発表しました。

                                                   廣田憲威
社会薬学.jpgのサムネール画像

Date : 2017年9月26日 11:56 |Category :あおぞら薬局だより |ページのトップへ

アーカイブ