お薬手帳について

お薬手帳について

「おくすり手帳」は、あなたに処方されたおくすりの名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。医師、歯科医師、薬剤師があなたの薬歴を知ることにより重複投与・相互作用を確認して、薬を安全・適正に処方、調剤し使用して頂くためのものです。また、災害時や旅先での急病やケガなどでかかりつけの病院・歯科や薬局に行けない場合にも、あなたの薬歴がひとめで分かる「おくすり手帳」は治療に大変役に立ちます。
お薬手帳

どんなふうに使うの?

  1. 病院や医院、薬局に行ったときには、毎回、提出しましょう。
  2. 薬局で市販のお薬を買った場合にも、記録しましょう。
  3. お薬について、わからないこと、困ったことがあるときには、記録しましょう。
  4. 旅先や災害時等緊急を要するときに、あなたがどのような薬を服用しているか第三者に容易に理解してもらえますので、普段から持ち歩くようにしましょう。
  5. あなたがもらったお薬の記録ですので、大切に保管しましょう。

当薬局ではお薬手帳を持つ事をすすめています。 手帳1冊に薬を記録していく事により、複数の医療機関または薬局にかかる際、現在飲んでいる薬・使っている薬が分かり、重複・飲み合わせの良くない薬が出るのを防げます。 今日のお薬を安心してお飲みになれますし、アレルギーや副作用などがあれば、「お薬手帳」に記入しておかれると良いでしょう。

お薬手帳Q&A

Q1.「お薬手帳」って何ですか?
「お薬手帳」とは、あなたがいつ、どこで、どんなお薬を処方してもらったかを記録しておく手帳のことです。複数の医療機関(病院・診療所・歯科医院)を受診する時や、転居した時など、「お薬手帳」を見せるだけで、あなたのお薬のことを解ってもらえます。
Q2.薬局で薬をもらったとき「お薬手帳」を作ったけれど、他の薬局で薬をもらう時も使えるの?
使えます。「お薬手帳」はあなたの手帳です。どこでお薬をもらわれる時も、記入してもらうと良いでしょう。体調の変化や、薬局・薬店で購入した薬の名前など、ご自分でメモしておかれるのも良いでしょう。
Q3.複数の医療機関からお薬が処方された場合、重複や飲み合わせによる弊害が起こるとありますが、重複・飲み合わせとはどんな事でしょうか?
複数の医療機関から処方されたお薬の中に、同じような効果があるお薬を飲んでいる時があり、これを薬の重複と言います。本来いっしょに飲んではいけない薬、又はいっしょに飲むと効果が強くなったり、弱くなったりする薬があります。それらの薬の間には、「飲み合わせが良くない」又は「相互作用がある」と言います。そのような作用によって起こる弊害を防ぐために、 「お薬手帳」を医師や薬剤師に見せることをおすすめします。
Q4.いつも同じ薬しか飲まないが、「お薬手帳」は必要なの?
「同じお薬を継続して服用している」ことを記録しておけば、他の医療機関を受診する時や、薬局で薬を購入する時などに、「いつもの薬といっしょに飲んでもよいか」をチェックしてもらえます。
薬局製剤の紹介 ファルマ・プランだより 薬剤師一口メモ お薬手帳について
PDFファイルをご覧いただく場合は
Adobe Readerが必要となります
配布ページよりダウンロードして下さい