在宅訪問

大阪ファルマプラン薬局グループでは、医療機関の依頼に基づいて在宅患者様宅への訪問を行い服薬説明や患者ケアを行っています。
患者さまの高齢化が進み私達は、服薬アドヒアランス、効果の確認、副作用のチェックを中心に、食事摂取、尿・便のコントロール、睡眠状態などの状態を聞きながら、患者様が在宅で安心して薬物治療を受け、療養できるように支援しています。 また、他職種とコミュニケーションを取り在宅で安心して過ごせるようサポートしています。

在宅訪問 在宅日誌

薬剤師による在宅医療チラシ
↑クリックするとPDFでご覧になれます(1.55MB)

菌室を設置

無菌調剤室

あおぞら薬局は、無菌調製室を設置しています。西淀川区で初めて設置しました。無菌調製は、食事から栄養を摂れないなどの理由で、在宅中心静脈栄養(HPN:Home Parenteral Nutrition)をされている患者様の注射薬を調整する場所です。無菌調製室の中には、クラス100のクリーンベンチを備え、薬局間で共同利用ができる施設基準を満たしています。また、実務実習生も保険薬局で無菌調製の実習ができることはもちろん、卒業後も大学で学んだ知識・実技がすぐに活かすことができます。

以前は、注射をしていると「退院できない、家に帰れない」と聞く患者様もおられましたが、地域に無菌調製室がある薬局があり、薬剤を供給することが出来ると、在宅で生活することも可能になり、住み慣れた土地で質の高いQOLを送ることが出来ます。

緩和ケアのために、シリンジポンプレンタル事業をしています

あおぞら薬局では、緩和ケアに必要な薬剤とポンプを供給するために、下記のシリンジポンプレンタル事業を展開しています。医療機関と契約を結び、切れ目のない緩和ケアをしています。
取扱いシリンジポンプ:テルフュージョン®小型シリンジポンプTE-361
スミスメディカル社CADD Legacy®
薬局製剤の紹介 ファルマ・プランだより 薬剤師一口メモ お薬手帳について
PDFファイルをご覧いただく場合は
Adobe Readerが必要となります
配布ページよりダウンロードして下さい