今年最後の部会は副作用委員会

1210日に副作用委員会主催の学習会を行いました。今回は副作用委員が患者役になり、参加者の薬剤師が副作用について聞き取りをして、副作用モニター用紙を埋めていきます。

3症例を3つの班に分かれてそれぞれ検討しました。聞き取り役は新人薬剤師が挑戦します。就職して早9ヶ月...カウンター業務の成果の見せ時です!質問に悩んだり、詰まったりしたら同じ班の先輩達が優しく助け船を出します。患者役の委員会メンバーも負けじと、患者さんになりきって応えていきます。準備された薬疹の資料や添付文書、時にはネットも駆使して、副作用モニターの用紙を班で話し合いながら埋めました。

最後に仕上がった副作用モニターの用紙を発表しあって終了です。副作用の可能性はあるのか?使用方法は?検査値はどうだったのか?...着目する点は多々あり、また聞き取る力もきたえる必要があると再確認できる学習会でした。

本部 稲垣あい



副作用委員会部会.pngのサムネール画像

何を聞いていいか詰まっても大丈夫!先輩がお助けします。


相談.jpg

聞き取りが終われば班であーでもない、こーでもない...

発表.jpg
最後は代表者が副作用モニター用紙を見ながら報告!


Date : 2019年12月16日 15:42 |Category :研修・学会 |ページのトップへ

アーカイブ