そろそろ紫外線対策の季節です

 冬の間、長袖などで太陽の光に触れずにいた皮膚は、紫外線に過敏な状態になっています。皮膚を露出し始める45月頃は紫外線量が急激に増えてくるため過敏に反応し、ダメージを受けやすいです。

 紫外線はエネルギーや波長の順にUV-AUV-BUV-C3種類があります。そのうち肌に届くのはABです。Aは皮膚の奥深くまで入り込んでシワの原因になり、Bは表皮で吸収され炎症を起こしシミの原因となります。

 外出時は帽子・長袖・日傘などで肌を日光から遮るなどの対策や、日焼け止め化粧品を塗るなどの対策をしましょう。帰宅後は日焼け止め化粧品をきちんと洗い流すことも大切です。敏感肌の方はゴシゴシこするのは大敵ですのでマイルドな石鹸を泡立て、肌を包み込むようにやさしく洗いましょう。洗った後は、クリームやローションなどの保湿ケアも大切です。ゴミ出しや洗濯物を干す510分でも確実に紫外線を浴びていますので注意してください。

 

あおぞら薬局 薬剤師 玉城由実加(健康の友 20194月号掲載)

Date : 2019年4月 5日 11:00 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ