2/11大阪民医連 学運交 ファルマプランは10演題発表
 2019学運交1.jpegのサムネール画像毎年2/11建国記念日は大阪民医連主催の学術運動交流集会(学運交)が開催されます。今年は全部で22法人290演題の登録がありました。ファルマプランから今年は10演題発表しました。委員会活動の報告や、TDMOTC活動、ポリファーマーシーの取り組み、在宅での症例報告等々、この間の取り組みを報告しました。

2019学運交2.jpegのサムネール画像
 10演題出した中で、介護ショップふぁるまの松田悟さんの事例報告「多職種と連携した福祉用具の選定」が座長賞に輝きました。座長賞は大変喜ばしいんですが、他の薬剤師の活動が一つも選ばれなかったのは少し寂しいような...。


 来年度も今年度以上に頑張って、様々な学会や学運交でお披露目できるように努めます!

 

本部 稲垣あい

 

 

 

◎演題一覧◎

あおぞら薬局 

「保険薬局でのTDM活動報告」 藤戸幸子

「保険薬局におけるOTCグループの活動」 山口温美

「保険薬局における在宅訪問~HPN患者の症例~」 井上優樹

2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬デュラグルチド週1回の有効性と安全性の検討」 玉城由実加

あおぞら薬局淡路店

「健康サポート薬局における肝臓をテーマにした実践報告」 藤田真美

そよかぜ薬局

「診療所と協働で取り組んだポリファーマシー対策」 井塚めぐみ

なぎさ薬局

「サービス改善員会の活動報告」 小野尚美

なつめ薬局

「大阪民医連 新薬評価委員会の活動報告~真の有用性を評価する~」 向井勝巳

介護ショップふぁるま

「多職種と連携した福祉用具の選定」

本部

「健康サポート薬局におけるヘルスリテラシーを向上させる取り組みのアウトカム評価」 廣田憲威


Date : 2019年2月22日 10:50 |Category :研修・学会 |ページのトップへ

アーカイブ