11月14日は世界糖尿病デー! あおぞら薬局もブルーサークルしています

毎年、11月14日は世界糖尿病デーです。世界に広がる糖尿病の脅威に対応するために1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機構)が制定し、その後、2006年12月の国連総会でも決議され、今では国連が公式に認める行事となっています。

11月14日は、インスリンを発見したカナダのバンディング博士の誕生日であり、糖尿病治療に画期的な発見に敬意を表し、この日を糖尿病デーとして懸賞しています。

世界糖尿病デーのキャンペーンには、青い丸をモチーフとした「ブルーサークル」が用いられています。この意味は、国連やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」をデザインし、「糖尿病との闘いのために団結せよ」というキャッチフレーズとともに、11月14日をの週で世界中でさまざまなキャンペーンが行われています。

健康サポート薬局としてのあおぞら薬局では、糖尿病療養指導士を複数名配置し、ヘモグロビンA1cの自己検査機器も配置するなど、医療機関と連携して糖尿病の予防・治療に積極的に取り組んでいます。

今年も待合室の窓ガラスにLED照明でブルーサークルを点灯しています。

糖尿病に関するご相談をお待ちしております。

                                               廣田憲威

あおぞら 糖尿病.jpg 世界糖尿病デー.jpg

 

Date : 2018年11月15日 08:18 |Category :今日の出来事! |ページのトップへ

アーカイブ