薬の保管方法について

 みなさんは薬を持ち帰ったあと、どのように保管されていますか?

 間違った保管をしていないか、見直してみましょう。

①湿気・日光・高温は避ける。

 薬は光や温度・湿度等によって効能が落ちるものがあります。湿気・日光・高温を避けて保管しましょう。冷所保存の支持がある場合は、冷蔵庫に保管します。直接冷気があたる場所は避けましょう。

②薬以外のものと区別して保管する。

 食品や防虫剤等と一緒に保管すると、間違って飲んでしまう危険があります。薬だけを保管する場所を決めましょう。家族でまとめず個人ごとにまとめると、誤飲防止につながります。

③他の容器に移し替えない。

 シートから出して保管したり、他の瓶に移し替えたりせずに保管しましょう。

④子供の手の届く所に薬を置かない。

 子供は何でも口に入れたがります。子供の誤飲は、保護者が家事で忙しい時間に発生しています。

 薬の保管についてわからないことがあれば、薬剤師に相談してください。

Date : 2018年10月 4日 15:52 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ