あおぞら薬局で第23回地域学習会を開催しました

2018年9月3日(月)の午後3時から4時30分に、あおぞら薬局の会議室で第23回地域学習会を開催しました。
今回のテーマは「目の病気」です。講師は、あおぞら薬局の仲谷薬剤師が担当しました。参加者は台風21号接近という状況にも関わらず、初参加の方も多く40名が参加されました。
学習会では、まず、目の構造や働き方について説明がなされました。次に、白内障、緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症など、目の病気の種類と症状や原因から、白内障の手術方法や眼内レンズの違い、緑内障で処方されるお薬の作用と副作用など、多岐にわたって解説されました。
参加者から注目されたのは、使用する主な医薬品で、とりわけ目薬の使い方や、目薬をさす時の注意点や、目にとって良いとされている成分についてでした。
質問では、「自分もなるかもしれない」「最近、目の調子が良くなく気になる」という不安のある方が多く、気になっている事など、症状に関する質問が多く出されました。
最後に、学習のおさらいとして〇×クイズで盛り上がり、大好評で終わることができました。

第23回地域学習会.JPG

Date : 2018年9月19日 12:07 |Category :あおぞら薬局だより |ページのトップへ

アーカイブ