薬局製剤を知っていますか?

 医薬品の中には、病院を受診して処方してもらう医療用医薬品、処方せんなしで薬局やドラッグストアなどで、購入できる一般用医薬品の他に保険薬局で購入できる薬局製剤というものがあります。

 薬局製剤とは、薬局で製造・販売できる医薬品のことです。製造販売できる品目は厚生労働省医薬食品局長通知別添の「薬局製剤指針」で決められています。代表的な品目は感冒剤13号Aや健胃剤1号などで、400品目以上あります。

 品目ごとに医薬品の分量や製造方法は決まっているため、どこの薬局で購入しても同じものが手に入ります。しかし、製造販売には許可や設備などの基準があるため、許可を申請している薬局でしか販売できません。どこの薬局でも手に入るわけではないのが薬局製剤です。400品目以上ある中から、どれを製造販売するか、またパッケージや値段なども薬局ごとに決めています。近くの薬局にどんな薬局製剤があるのか、症状の相談も含めてぜひ確認してみてください。

Date : 2017年8月21日 16:35 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ