第2回日本医薬品安全性学会で発表しました

2016年7月23日(土)~24日(日)に岐阜市において、第2回日本医薬品安全性学会が開催されました。今年のテーマは「安心・安全な薬物療法の推進に向けて」で、岐阜大学医学部附属病院薬剤部の伊藤善規教授が大会長で開催されました。
大阪民医連副作用委員会と大阪ファルマプラン副作用委員会から以下の演題発表を行いました。

①大阪民医連副作用委員会における2014年度モニター活動のまとめ

 〇山内美子、山本京、西村尚子、松本ミユキ、廣田憲威

②大阪民医連副作用モニター活動における重症症例の検討
 〇松本ミユキ、山本京、西村尚子、山内美子、廣田憲威

③大阪ファルマプラン副作用委員会の2年間のまとめ
 〇山本京、藤野麻美、竹内義紀、朝倉章詔、原誠一、山田真聡、藤田真美、林恭子、廣田憲威

2016-07-23 08.09.22.jpg 2016-07-23 15.25.58.jpg2016-07-24 10.02.17.jpg

Date : 2016年7月25日 08:47 |Category : |ページのトップへ

アーカイブ