快便は健康の源

   便秘の主な原因は水分不足、食事不足、ストレスなどが挙げられます。十分な水分と食物繊維(野菜、果物、豆類、海藻など)をとる、毎日朝食をとってトイレに入る習慣を付ける、適度な運動をする、充実した睡眠をとるなど、規則正しい生活を送るようにしましょう。

 生活習慣の改善でも効果が無い時は、症状や体質に合わせて薬による治療を行います。便を軟らかくする薬(マグミット)や、腸を刺激し排便を促す薬(センノシド)が主に使用されます。その他整腸剤(ビオフェルミン)の服用で効果を示すこともあります。

 市販の便秘薬を服用していても解消されない時は医療機関を受診しましょう。検査をする事で原因となる病気を見つけられる場合もあります。

 また、薬の中には副作用として便秘になるものがあります。処方薬で常にその薬を飲んでいる場合は慢性的な便秘につながる可能性があります。勝手に薬を止めたりせず、医師・薬剤師に相談して下さい。

Date : 2016年6月 6日 14:14 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ