この時期のノロウイルスに注意!!

 

 ノロウイルスは秋から冬にかけてインフルエンザと同じ時期に流行する感染力の強いウイルスです。感染経路は感染者との接触による接触感染、生ものなど十分に加熱していない食品による経口感染が主にあげられます。
 ノロウイルスはワクチンがなく、特効薬もないので予防するのが重要です。予防法としては食品をしっかり加熱、洗浄すること、うがい、手洗いをしっかり行うことです。
 感染して発症すると熱、下痢、嘔吐といった症状が主に出ます。吐き気には吐き気止め(エリーテン錠)を使用します。下痢には整腸剤(ミヤBM)を用います。下痢をするからといって下痢止めを飲んではいけません、体の中にウイルスが残ってしまい、かえって悪くなってしまいます。体の中からウイルスを排出することで治っていきます。
 下痢や嘔吐が続くと脱水症状に陥りやすいので経口補水液(OS-1)などを補給しましょう。

Date : 2016年1月19日 17:52 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ