学校薬剤師の業務「お薬講座」を行って

 6年生100名程度を対象に、「お薬講座」を開催しました。小学校の、1時間授業は45分しかないので、時間配分がとても大事です。

 自己紹介もそこそこに、色々な種類、形状の薬を実際に見せて、紹介していき、まず興味をひきました。

 実験は、お薬とお茶の飲み合わせなど、化学変化が体の中で起こっているよ、ということを、色の変化で見てもらうのですが、参加者を募ると、たくさんの生徒が手を挙げてくれて積極的に参加してくれました。

 生徒たちには、自然治癒力ということも説明したのですが、すごく興味をもってくれました。毎日の食生活や、生活習慣が大事だということを理解してくれたようで嬉しかったです。

 講座終了後に、実験の片付けをしようとすると、実験の化学変化がさらに進んでいたので、それを再度見てもらえたら良かったなと、反省しました。

 卒業式に、将来は薬剤師になりたい、と言っていた生徒がいたよと後で先生が教えてくれました。きっかけは、なんだったかわかりませんが嬉しく思いました。

 

あおぞら薬局 井塚めぐみ

 

Date : 2015年6月29日 15:40 |Category :学校薬剤師 |ページのトップへ

アーカイブ