点鼻薬の種類と注意点

点鼻薬は大きく分けると3種類あります。

1.抗アレルギー
 長期間使用可能で予防的に使います。速効性はないですが、安全性に高く、アレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎に有効です。ステロイド薬に比べると効果は弱めです。

 

2.ステロイド
 投与2~3日程度で効果が現われ、使い続けることで効果が得られます。自分の判断でやめないようにしましょう。ステロイドという言葉に抵抗を感じるかもしれませんが、点鼻薬は薬の量も少なく、体全体への影響はほとんど見られません。副作用は鼻刺激感、乾燥感、鼻出血などが時々見られます。

 

3.血管収縮剤
 鼻詰まりを最も良く改善させます。市販の鼻炎用点鼻薬のほとんどに使われています。しかし、効果は一時的で数時間後にはまた詰まり、繰り返し使用することで薬剤性鼻炎も併発し、より重症の状態に変わってしまいます。そのため重症の鼻炎に限り1~2週間を目安で使用されます。
点鼻薬は説明書をよく読み、正しく使用しましょう。

Date : 2015年5月27日 18:42 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ