ストレスたまってませんか?

 ストレスが血圧を上げたり胃や腸といった消化器や心の病気として現れることはよく知られていますが、あらゆる病気の原因はストレスという説もあります。昔から「病は気から」ということわざがあるように、ストレスと上手く付き合っていくことは病気の予防にもつながると考えられています。

 もちろん、ストレスのたまりやすさは人によって違いますが、ストレスをため込んでいる人とうまく発散している人では大きく変わってきます。

 ストレスがたまっていると感じた時はゆっくり休んで気分転換したり、趣味を楽しんだり、体を動かしたり、家族や友人とおしゃべりをしたり、おいしいものを食べたり、自分に合った方法でストレスを発散して、上手にストレスと付き合っていきましょう。

 また、病気は気づかないうちに進行している場合が多く、薬局からも健康診断や定期検診を勧めています。健康について何か気になることがあれば、些細なことでもお気軽にご相談ください

Date : 2013年8月 1日 14:51 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ