高血圧治療薬「ディオバン錠」の報道について

7月12日に京都府立医大は記者会見を行い、同大学で実施されたディオバン錠(一般名:バルサルタン、ノバルティスファーマ社)の臨床研究において誤りがあったことを発表し、マスコミ等でも大きく報道されました。

大阪ファルマ・プランの薬局を利用されている患者さんの中にも、ディオバン錠を服用されている患者さんも多くおられるため、薬局として見解を発表しました。詳細はPDFをご覧ください。 【見解】高血圧治療薬「ディオバン錠」の報道について.pdf

【見解】高血圧治療薬「ディオバン錠」の報道について.jpg

Date : 2013年7月17日 08:53 |Category :今日の出来事! |ページのトップへ

アーカイブ