薬の名前がよく変わりますね

 メーカーも成分も同じなのに、なぜ薬の名前がよく変わるのでしょうか?昨今、後発医薬品(GE)が多く使われるようになって、先発品や他のGEと似た名前の薬も増え、薬の選択ミスの危険性が多くなってきました。そこで厚生労働省から医療用後発医薬品の命名については、基本的に①有効成分の一般名②剤型③含量④会社名を、記載するという通知が出されました。

 それに伴い、GEの多くが平成24年以降、内容が同じである①②③④の名前に変わってきています。たとえば、オパプロスモン錠5μg(GE)は、この方式でリマプロストアルファデスク錠5μg「日医工」と変更されました。ちなみにこの先発品はオパルモン錠5μgです。

 GEは様々な会社から発売されており、血圧を下げる薬のアムロジンなどは35社がGEを発売しています。薬の名前がいつもと違うけど大丈夫かな?など、心配になったら一度薬剤師にご相談ください。 

Date : 2013年6月28日 16:48 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ