こむら返りとは?

 気持ちよく眠っていたのに、急にふくらはぎの筋肉(=こむら)がつって、目を覚ましてしまうことはありませんか?

 こむら返りは専門的には『腓腹筋痙攣』と呼ばれているもので、ふくらはぎの腓腹筋や神経が異常に緊張し、筋肉が縮んだまま緩まない状態になり、激痛を伴う症状です。高齢者に多く、スポーツや立ち仕事の疲労、あるいは寒冷などが、こむら返りを起こす要因になります。

 また、神経や筋肉を傷める病気にかかると、こむら返りが起こりやすくなります。たとえば糖尿病、肝硬変、甲状腺機能低下症、体液や電解質の異常などが知られてます。

 こむら返りが起こった時の対処法としては、つま先をゆっくりと手前に引き寄せて、ふくらはぎの筋肉を伸ばすようにしましょう。保温や軽いマッサージも有効です。なお、こむら返りに効果のあるお薬としては、芍薬甘草湯という漢方薬などがあります。慢性的にこむら返りを繰り返す場合は医師に相談しましょう。

Date : 2013年4月11日 17:22 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ