あなたの味覚は大丈夫?
「食べ物の味が薄く感じる」「作った料理が濃すぎると、家族に言われた」こんな症状を訴える人が増えているようです。 これは、味覚障害といわれる症状です。味覚障害は、知らず知らずのうちに症状が進行し、気がついた時にはかなり症状が進んでいるケースも少なくありません。味覚障害の原因は、いくつか考えられますが、トップは亜鉛不足だと言われています。
 現在、味覚障害になる人が増えている理由の一つに、この病気が高齢者に多く生じてくるという背景があります。味覚機能は年齢とともにゆっくり低下し、70歳あたりの高齢になると急激に低下します。
 そして、この条件に味覚障害をひきおこす原因(薬の副作用、全身の病気、血液中の亜鉛不足など)が加わると、味覚障害が起きやすくなります。将来的に味覚障害にならないためには、亜鉛を含む食品を食べるなど、栄養バランスのとれた規則正しい食事をすることが大切です。
Date : 2012年7月 2日 23:40 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ