医薬品と健康食品の違い

テレビ、新聞などでよく目にする健康食品。様々な健康食品が流通していますが、健康食品で体調を崩す事例も出てきており、注意が必要です。
 錠剤・カプセル状の健康食品はその形から薬のように思うかもしれませんが、薬とは全く別のものです。医薬品は病気の人が対象で、製品としての品質が一定であり、安全性・有効性試験が実施されています。
  一方、健康食品はあくまで食品の一つですので健康な人が対象です。また同じ名称の製品でも品質は一定とは限りませんし、主に健常者を対象に安全性試験を実施しており、動物や試験管内のみで評価したものもあります。体験談は有効性の証明にはなりません。本当にその健康食品だけで良くなったのかなど、背景がわからないため体験談だけではわかりません。
 まず、健康食品を利用する前に本当に必要かどうか考えることが大切です。またかかりつけの医師や薬剤師に相談してみるのもよいでしょう。

 

Date : 2012年6月 1日 23:39 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ