第54回日本糖尿病学会年次学術集会に参加して

 2011年5月19~21日に北海道で開催された第54回日本糖尿病学会年次学術集会に参加してきました。「糖尿病と合併症:克服へそProspects」をテーマに様々な演題発表が行われていました。今回は東日本大震災の後ということもあり、災害時の糖尿病治療における薬剤管理や他職種との連携についての緊急シンポジウムもあり学ことが多くありました。また、DPP-4阻害剤やGLP-1アナログ製剤の登場から約1年が経過したこともあり、これらの薬剤についての報告が非常に多くあがっていました。調剤薬局でも患者さんに処方される機会が増えており、今後長期的な薬の効果や副作用の発現に対して、薬剤師として注意してモニタリングしていく必要があると思います。

                                あおぞら薬局 米山 隆浩

Date : 2011年8月17日 13:54 |Category :研修 |ページのトップへ

アーカイブ