薬学生実務実習の報告

薬学教育が6年制となり、11週の実務実習が1期:5/16から開始されました。大阪ファルマ

プランでも5薬局で各1名の学生さんを受け入れています。各薬局が協力して研修を受け持ち、

できるだけ多くのことを体験し、成長してもらえるように研修委員はじめ皆で協力しています。

 今年は東日本大震災で薬剤師の災害時支援が社会的にも取り上げられました。宮城県へ大阪ファルマプランからの応援薬剤師の体験を実際に聞く機会もあります。社会から求められる薬剤師を

育成するために頑張っています。私たちも教えられることが多く、毎日勉強になります。

 初々しい学生さんを見かけたら、一声応援していただければ嬉しいです。                             

                                             もえぎ薬局

 

  「学生さんから一言」 お願いしまーす!!

 

実習が始まって、早くも1ヶ月が過ぎました。

何も分からない状態で薬剤師が実際に活躍している現場に飛び込み、最初は不安でいっぱいでしたが、薬剤師の先生方をはじめ、多くの方に支えていただき、気がつけばあっという間の1ヶ月でした。

調剤はもちろん、製薬工場や医薬品物流の見学、老健施設での実習、講演会など、幅広くいろんなことを体験させていただき、どれも大変勉強になる貴重な経験となりました。

残り約半分となってしまった実習ですが、まだまだたくさんのことを頭の容量いっぱいいっぱいに詰め込んで吸収していきたいと思っています。

もえぎ薬局にお越しの際には、ぎこちない姿でご迷惑をおかけしてしまうこともあるかと思いますが、どんな時も笑顔は忘れず、一生懸命頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

Date : 2011年6月16日 09:47 |Category :薬剤師のつぶやき |ページのトップへ

アーカイブ