原水爆禁止世界大会に行ってきました!

 8月4日~6日まで広島で行われました。今回、初めての参加で、TVでは毎年目にしていましたが、世界各国からとても多くの方が参加していたことにびっくりしました。

 2日目の動く分科会では、平和公園やその周辺の碑を巡りました。米軍全面占領下で、原爆被害の事実を語ることも弾圧され、死没者追悼の行事すら禁止されたもとで、広島市民が命がけで「あの日の出来事」を語り、守ってきた原爆遺跡を実際に見て、当時の悲惨さを感じることができました。そして、慰霊碑には、生存者の記憶により名前を刻まれて人々や、「姓」だけでよみがえる人、「奥さん」や「娘」や「子ども」というイメージだけで刻まれている人もいました。しかし、その向こうには一片の記憶すら残すことのない死者が無数にいるということに初めて気付きました。そのことを忘れてはいけないと思いました。

そして、「核兵器と人類は共存できない」という無念の思いを抱いて死んでいった家族や友人の「声なき声」を今後は私たちが世界中の人々に伝え残していかなければならないと感じることができた3日間でした。

                                       あおぞら薬局 梅津 怜恵

Date : 2010年9月 6日 17:21 |Category :研修 |ページのトップへ

アーカイブ