ハイリスク薬とは・・・?

うっかりのみ忘れた、2回分のんでしまった、そんな経験はありませんか?

薬の中には、のみすぎると倒れてしまうような副作用が起こったり、勝手にやめると発作が起こったりするような、用法・用量をきちんと守らないと大変な事態を引き起こすものがあります。他にも個人差がとても大きい薬や飲み合わせに注意が必要な薬もあります。このように、安全に使用するには検査をしたり、副作用をチェックしたり、医師の指示通り飲めているかを確認したりする必要がある薬を、ハイリスク薬といいます。

抗がん剤やてんかんの薬、ジゴキシンなどの強心剤、ワーファリン、テオフィリン、インスリンや経口糖尿病薬などが当てはまります。

 薬局でも検査結果をみせていただいたり、食物やサプリメントの服用などを細かくチェックしたりさせていただきます。もし薬局で尋ねられたら、ぜひ教えてくださいますようお願いいたします。

Date : 2010年6月 2日 14:48 |Category :薬剤師一口メモ |ページのトップへ

アーカイブ