第12期  健康塾 「薬と上手につきあうために」

2009.9.5(土) 昨年に引き続き、講師をさせていただきました。参加17名、2年連続の受講生もおられましたが、「去年のことはみんな忘れました。」と、優しい言葉に一安心。

薬の分類、効果の違い、飲み忘れ、保管方法など昨年同様の内容に加え、新たに

① 6月からの薬事法改正に伴うOTC(一般販売薬:OVER THE COUNTER)の販売方法の違い

② 副作用救済制度について

③ ジェネリック医薬品について

④ サプリメントの使い方

⑤ 薬学6年制について

   など浅ーく広ーくお話しました。

サプリメントは予想以上に使われているようで、市場規模は巨大になり市民の不安感をあおり、売り込んでいるメーカーには十分、気をつけていただきたいと思いました。

 講義後のアンケートでは、副作用について軽視できないこと、ジェネリックを希望する時はどうするかよくわかった、安易にサプリメントには手を出さずに相談したほうがよいことがわかった、などうれしい反応をいただきました。主催の方からは、昨年より落ち着いていて、安心して聞くことができたと感想いただきました。また、消費者庁もできたが、医薬品、特にジェネリックなど品質管理は大丈夫なのか?と鋭い質問もいただき、薬剤師として新薬同様、監視の目を光らせる重要性、薬剤師への期待感を感じました。

                                         もえぎ薬局 上野ひとみ

  

Date : 2009年9月13日 16:59 |Category :地域学習会 |ページのトップへ

アーカイブ